8月5日にオープンする味噌ラーメン専門店「麺屋・國丸」

セントオーディンのお店から徒歩3分。

 

EARTH FRIENDSHIP FESTIVAL の中村さんと

ピエロのパフォーマーのピエコロちゃんと一緒に

 

幻の「炎のラーメン」を

オープン前レセプションに

お邪魔して試食してきました!

 

(1) 見事なまでに炎が立ち上がる、まさに「炎のラーメン」

 

お店は靱公園から出て

四つ橋筋を南へ歩いてすぐの信号を

渡ったところにあります。

立地は最高!

 

もともと焼肉屋さんだったところが、

新しいラーメン屋さんとなったんです!

お店の名前は「麺屋・國丸」

 

表では、店長の二村さんがお出迎え。

一緒にお写真も撮らせていただきました!

 

メニューはどれも美味しそう!

 

どれにする?!

 

そこは、ほら幻の「炎のラーメン」でしょー!

 

ということで、3人とも「炎のラーメン」一択で!

 

サイドメニューは

中村さんはライス大(これホントに大でしたー笑)、

私は半チャーハン、ピエコロちゃんは餃子で。

 

お店のテーブルはアクリル板で区切られていて

コロナ対策もバッチリです。

 

この光景ももう見慣れてしまいましたねー

厨房はオープンキッチンもしっかりアクリル板仕様!

 

注文してしばらくすると

厨房から火の手が上がりましたー!!!

 

あれが「炎のラーメン」ね!!!

そう思って思わずスマホを取り出して写真を撮ろうとしたら

あら、終わったのー

 

って感じに炎がなくなって・・・

 

それを繰り返すこと、5回くらい?

 



炎が上がってからではカメラが間に合わないので(笑)

新たに来店されたお客様の「炎のラーメン」の注文を聞いてから

厨房にカメラを向けてスタンバイ!!

 

それで撮れたのが、こちら!

これからの夏休み、子どもたちが喜びそう〜

 

(2) 商品には売りが必要!

 

この「炎のラーメン」

売りがすごい!

 

ここで じゃぁ、自分ごととして見た場合、

どうなの?ってことを考えてみましょう!

売りって何?

 

それは売り手側だけで考えていると

買い手にとっては「欲しくないもの」になる可能性もあります。

 

大事なことは「買い手」のことを考えないといけないってこと!

 

「炎のラーメン」は売り手側の思いが詰まった商品。

だけど、買い手にとってワクワクするもの

ここが大事。

 

買い手がワクワクするものは

売り手の思いのこもった商品   <   買い手のワクワク

こうなりますね。

 

そのために必要なことは「買い手」の意見もしっかり聞くこと。

 

そして、その業界の中で目立って、注目を集められることで


たくさんのライバルから自分の商品が

お客様に選ばれるようになっていきます。

お客様達にあなたの存在を知ってもらい

自分の商品のメリットを伝え

『これ欲しい!』と

言ってもらえる状態にしていくことが

重要になってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です