なでしこJAPANは上野選手のお誕生日2連勝!

日本は延長サヨナラ勝ちで2連勝!



素敵な思い出となったことでしょうね。

 

2連勝、そしてお誕生日おめでとうございます。

 

最後まで、がんばってください!

 

(1)男子サッカーは予定通りに予選は本日開催に!

 

さて、今日は男子サッカー。

午後6時ごろ
サッカー 日本対南アフリカ 予定どおり開催へ

東京オリンピック、サッカー男子の予選リーグ。

 

日本対南アフリカは予定どおり
22日午後8時から
東京 調布市の東京スタジアムで
開催されることになったと
大会組織委員会が発表がありました!

 

南アフリカ代表は、
これまでに選手2人とスタッフ1人の
合わせて3人が
新型コロナウイルスに感染し、
選手を含む18人が
濃厚接触者に認定されていたのですが

 

それでも開催するという・・・
微妙な開催になりますが

 

開催するということで
応援していきますよー

 

(2) イメージは、白×黒のサッカーボールに芝の緑×空の青をプラスして。

 

 

昨日のブログで書いたサッカーの
モチーフのお話。

 

五角形と六角形を
組み合わせた白黒のモチーフ。

 

サッカーボールの
典型的なデザインになっています。

 

今日はこのモチーフについて
いろいろ調べてみました!

 

この白黒のサッカーボールは
「テルスター」と呼ばれるデザインということです。

 

アルキメデスの多面体の法則を利用した、
黒塗りの五角形の革12枚と、
白塗りの六角形の革20枚で構成された
切頂二十面体と呼ばれるのボール。

 

アルキメデスの多面体よー

 

そりゃ、サクサク描けなくても
おかしくなったわー

 

で、このボールが登場したのは
1960年代のことで
初めはヨーロッパで普及したようです。

 

当時、モノクロのテレビ放送が
普及し始めたころで

従来の白や茶色の一色のボールでは
テレビで見えにくい!
という問題があったことから

 

テレビ中継の時に
ボールが見えやすいようにと、
白黒に色分けされたサッカーボールが
デザインされたと言われているそうです。

 

日本では
1966年(昭和41年)の
日本サッカーリーグで使用されたことで広まったそうです。

 

国際大会では
1968年のメキシコオリンピックで
初めて採用され、
FIFAワールドカップでは
1970年のメキシコ大会で
初めて試合球として採用されました!

 

公式試合球として採用された
白黒デザインの「テルスター」(Telstar)は
アディダス製のサッカーボール。

 

その名前にはテレビ観戦する人々が
ボールをちゃんと見分けられるという点にも注目して、
「テレビのスター」(television star)
という意味が込められているらしいです。

 

雑学帳から引用ー

 

無観客での試合となったみたいですが、
テレビの向こうで世界中の人が見てますよー

 

オリンピックを楽しんでもらいたいです!

 

がんばれ、日本!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です