青空。夏空。
ちょっとロングドライブで淡路島へ行ってきました。

 

今回は思い立ってのプチツアー

 

淡路サービスエリアのテラスでは
明石と淡路島を結ぶ
明石海峡大橋が
一望できます。

 

そこから神戸を見ると
入道雲が神戸の空を
ゆっくりと移動しているのが見えます。

 

そこでは、
大阪湾から播磨灘へ流れる風が
心地よく吹いています。

 

(1) 今日は思い立っての淡路島行き。

 

 

「車で行くとすぐだから」

そう聞いたことがきっかけ。

 

なぜなら、淡路島へは
今まではフェリーで行っていたから。

 

もうずいぶん昔の話。

 

でも初めて行ったとき(私は20代のこと)は、
まだできあがってない時だったから

その時の記憶で、淡路島へはフェリーで・・・と
思い込んでいたのかもしれません。

 

思い込みってホントに非効率。

 

フェリーだと結構時間がかかる・・・って
思っていたのですが

今回行くにあたってGoogle MAPで調べると
なんと、所要時間1時間半!

 

えぇ〜、そんなに近いの?!

 

思い込み、恐るべし!

思い込みの激しい私。

 

話を聞いて、
自分の中にあることで解決しようとせずに

 

いったん考えたり、
調べたりすることを習慣としよう
誓ったプチツアーでした。

 

(2) 悠然と明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊橋。明石海峡大橋。

 

 

今回のプチツアーの目的は明石海峡大橋。

 

明石海峡大橋は
兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ
明石海峡を横断して架けられた
全長3911mの世界最長の吊り橋です。

 

橋全体がとても優雅で品が良い!

その美しさは
神戸側からも大阪湾からも
晴れた日には淡路島がくっきりと見えます。

 

さらに
夜ライトアップされた明石海峡大橋は

本当に美しい!

 

以前、
神戸から乗船したクルーズ船コンチェルトから見た
ライトアップされた明石海峡大橋の美しさは
今も記憶に残っています。

 

どうやら
別名パールブリッジの愛称があり、
様々な色の組み合わせで28パターンあるそうで
季節によって色が変わるようです。

 

また毎時0分にはレインボーに、
毎時30分には季節ごとのカラーに
5分程度明かりの色が変わり、
光が水面に映り、本当にきれいだそうです。

 

これは橋の上からよりも
やはり海の上から見る方がいいかもしれません。

 

しかし、今日は暑かった〜

 

播磨灘側の道路は
海からの真夏の香りに包まれてました!

 

平日にもかかわらず
淡路サービスエリアのテラスは
観光客でいっぱいでした。

 

あさってから始まる4連休には
もっと人が来るんだろうな〜と感じなから



次来るときは、
ちょっと芝生の上で横になって
のんびりとできる季節がいいな〜と
思った次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です