HOME>セントオーディンの世界

セントオーディンの世界













大阪の粋なファッションを世界へ


靭公園の花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋・セントオーディン。
それは、大阪市西区のオリジナルデザインのオーダーメイドのお店です。
オーダーメイドとは、1着1着お客様のためにお洋服をお創りする仕立屋です。

そこでは、オーダーメイドされる美しい生地たちが 多くの出逢いを待っています。
その素敵な生地で創られるお洋服はまさに様々です。

お洒落な男性になる、メンズスーツやメンズコート!
そしてあまりない女性のためのオーダーメイドのお洋服は、
レディスオーダースーツ、レディスオーダーワンピース、レディスコート、女性のデザインは無限大です。
いつもキラキラ輝く素敵な女性にするオーダーメイドのお洋服を創っております。


オーダーメイドで創られるお洋服は女性のパワーが街を元気にすると信じて、
大阪発のファッションを世界へ発信する為、
( St.ODIM (セントオーディン): 後ろからローマ字読みすると " 御堂筋 " になる。) と名付けて、
大阪の西区京町堀にてブランド・ショップがオープンいたしました。

時はカジュアル全盛の頃。

大企業や大手商社のオフィスでもやキャミワンピースと呼ばれる、
とても仕事服とは思えないファッションが流行っていた頃でした。
オフィスでスーツを着て仕事をしている人を探すのに苦労するような時代でもありました。

私が社会人になった時、2つ、3つ上の先輩方は自分と比べてとても大人で素敵で、
そして格好良く憧れの存在でした。
どうやらそういう先輩がいた時代は昔物語のようになってしまったようでした。

しかし、社会に出て働く内に、ポジションも上がり、責任も増え、それなりの場へ出ることも多くなるはずです。

その時、一番大切なことは「身嗜み」だと思うのです。


「身嗜み」とは、外見はもちろん内面も美しくなくてはならないと思います。

外見、内面の両面をサポートできるように、そして働く女性たちが自信を持って仕事ができるようにと、
セントーディンは「スーツ」や「ジャケット」を専門的に扱う数少ないブランドとしてスタートしました。

セントオーディンの「スーツ」は美しくお洒落でシャープ、それでいて女らしく上品な「スーツ」や
「 ジャケット」作りを目指して日々精進しております。

日々の生活の中で、綺麗なお洋服に包まれている時というのは、ちょっと幸せな気分になれる時間でもあります。

品の良い、上質な素材で、見た目も美しく匂いたつような華やかなお洋服に包まれていると
夢見心地になってきます。

そんな気分で仕事されると、自然と自信にもつながってくるものです。
多くの方にその気持ちを感じていただきたいと思っております。


窓辺からはきらきら光る午後の陽射しが降り注ぎ、緑の木々を抜ける風に季節を感じる店内では、
時がゆったりと流れ、まるで映画のワンシーンのように、優雅な時間を過ごすことができます。

近年「 スーツ 」 にも自分らしさが大切とされるようになり、セントオーディンでもオーダーメイドをする方が徐々に増えていき、
現在ではお客様の9割がオーダーメイドとなっています。


流行遅れではオシャレに敏感な女性たちの気持ちをつかむことはできませんが、
流行のエッセンスが程よく入ったシンプルでシルエットの良い、上質の素材で美しい縫製の服があったとしたら、魅力的に感じませんか?
若い時には感じなかった品格などが備わった服を着ることで、見た目の印象も変わり、所作さえも美しくなります。

服にはそれほどの力があります。


ついつい衝動買いしてしまった服でほとんど袖を通してない、、、といった服は可愛そうです。

大好きでいつも同じ服を着ている、、、その方がどれだけ素敵でしょうか?


若い世代の方には、 流行の服をどんどん試して自分がどんなスタイルを持っているのか、
を探してみることをオススメしますが、
キャリアを積んでくると枚数よりも良い商品を求めていくものです。


好きな型で必要な時に「オーダーする」、、、


そんな素敵なことがセントオーディンではできるのです。これもオーダーメイドのちょっとして醍醐味です。


ライフスタイル自体がエコライフと言われるご時世で、
「丁寧な暮らしの中で自分なりに長く愛用できるベーシックな服」を大事に着ることが
大人のお買い物上手ではないでしょうか?


いつもドキドキな気分で仕事も遊びも素敵な生活の一部に。


素敵な服を纏った女性たちの溢れる笑顔に輝く未来を託したいと思います。

さて、2003年。
職人歴50年という職人との出会いよりメンズラインがスタートしました。

メンズラインは2010年、メンズラインは新しく生まれ変わろうとしています。

大人のための素敵な服とはいったい何なのか?

『大人になるってことは、何かを捨てることじゃなく、何かを始めることだろう。』

関西エリアのFMステーション「FM COCOLO」から流れてきたステーション・メッセージのフレーズの一節です。
「45 OVER のための MUSIC STATION」というニュー・コンセプトは私のメンズラインにまさにぴったりとハマっていました。
そして同時に、私が伝えたい、表現したい大人の男たちへのコレクションイメージがスパークしたのです。

デザイン・コンセプトは<マリン・トラッドの復権>。

『最近、なんか休んでないか?心は、ちゃんと踊っているか?』私の中の忘れかけていたソルティ・スピリット。

遊び心の復権を賭けての大人の男たちのコレクションが未来へ向かって展開されます。


男性にとっての服、特にスーツは大切なアイテムです。

仕事着としてスーツを着ている人にとって、それはもはや自分という個性の表現でもあるのです。

同じような色、柄の中で個性を光らせるには、スーツを着る人そのものを表現しなくれば。。。
レディスラインをデザインするよりはるかに難しい。

でも品の良い素敵な男性が街を闊歩するする姿は、大阪の粋を復権するに相応しい!
永遠のベーシックにお洒落心をくすぐったコレクションをいつまでも続けていきたいと願っております。



自分らしいスタイリングを探していらっしゃる方はもちろん、
上品な装いを求めていらっしゃる方、個性を磨きたい方、、、さまざまなお客様のご相談をお受けしております。

そうぞお気軽にご相談へご来店くださいませ。

まだ未ぬお客様と出逢えますことを楽しみにいたしております。

セントオーディンは、大好きな大阪の街で芸術や文化発信の街となるべくいろいろな事業に参画、取り組んでおります。


1)「くらしとみどりネットワーク」の活動では 、
  靱公園を中心とした街の人々の暮らしの中での自然環境保護活動に取り組んでいます。
  「靱公園バラ祭 ~くらしとみどりフェスタ2010~」でも本部サポーターとして参加いたしました。


2)「大阪再生プラットフォーム」の活動では 、中ノ島を中心とした水辺から水都大阪を考える文化都市再生活動に取り組んでいます。
  「水都大阪2009/朝市リバーカフェ」、「はちけんやガーデンマルシェ」で本部スタッフとして参加いたしました。


3)2010年夏~秋、開催された「瀬戸内国際芸術祭2010」では島を巡るアート&クルージングツアーを企画催行!
  素晴らしい瀬戸内の島々とアートの融合に堪能いたしました!

ページTOPに戻る